ニュース

News

8 December 2016

働きがいのある会社 中華圏 2016

2年連続で、弊社が中華圏で最も働きがいのある30社の1社に選ばれたことを発表します。


このニュースについて、弊社中華圏責任者に新たに任命されたNoelは次のように述べています。「2度もこの賞の受賞したことは、大きな成果です。私たちはすでに3度目の受賞を受けるために、2017年にどのような点を改善して行くかのアイディアを多く持っており、開始することが待ち遠しいです。」

お祝いに、Noelと上海及び香港オフィスの代表が昨夜の授賞式に出席しました。

The Great Place to Work® Instituteは人材および企業文化に関する調査・分析をするグローバルな専門機関です。こちらより詳細について知ることが出来ます。

1 December 2016

サンデー・タイムズ ファースト・トラック、国際トラック2016

弊社は、20周年記念版サンデー・タイムズ・バージン・ファーストトラック100社及び、7周年版サンデー・タイムズHSBC国際トラック200社の一社に選ばれたことを発表します 。


この2つの賞は英国で急成長を遂げている民間企業を祝うもので、急速に国内及び海外売り上げを伸ばしている点が評価されます。私たちは特に米国と中国からの弊社サービスへの強い需要により、受賞を果たしました。2015年にはグローバル売り上げを£32.3mにまで押し上げ、そのうち£25.8mは国際売り上げです。

受賞に関するより詳細な情報については Fast Track and International Track websites をご参照ください。

5 May 2016

働きがいのある会社 英国2016

3年連続で、弊社が英国で最も働きがいのある会社2016に正式に選ばれたことを発表します。


この受賞を受け、CEOのEmmanuel Taharは次のように述べました。「この受賞をどれほど誇りに思うか、表現出来ないほどです。弊社はまもなく10周年を迎えますが、そのうちの3年を‘働きがいのある会社’として認知されました。チーム全体が私のように弊社で働くことに喜びを見出していると知り、全ての努力を価値あるものにしました。」

The Great Place to Work® Instituteは人材および企業文化に関する調査・分析をするグローバルな専門機関です。こちらより詳細について知ることが出来ます。



21 December 2015

Cognolinkが新しい社名とブランドアイデンティティ「Third Bridge」を発表

本日、弊社はCognolinkからThird Bridgeに社名を改称いたしました。

すでに数年前からトレードマークおよび弊社の事業部名(シンジケートプライマリーリサーチおよびインテリジェンスレポートの事業)としてThird Bridgeを使用して参りましたが、このたび社名として採用することとなりました。

事業の構造や所有に変更はありませんが、弊社の戦略および今後の成長計画と社名のアイデンティティを整合させる機会となりました。

創設以来、業界の専門家とのコネクションに注視する中で、クライアントが投資の判断を行う際、プライマリー情報にアクセスする複数の方法を提供できるよう、サービスラインの開発を続けて参りました。そして、弊社の構造とコミュニケーションを統合させたブランド名にまとめることが賢明であると考えうるようになりました。またこの機会に、弊社の現在の立場を繁栄し、達成事項を祝うために新しいビジュアルアイデンティティの開発も行いました。

Third Bridge」社名の由来

現在、Intelligence事業部となった部門は以前、Third Bridgeという名称を使用していました。この名称には独自のストーリーがあります。

よくある素晴らしいストーリーと同じように、このストーリーも旅から始まります。弊社の創設者の一人が、ボツワナのオカバンゴデルタを旅しているときに「third bridge (3の橋)」という興味深い場所を見つけました。地元の伝説によると、この橋を発見するのはとても難しく、相当な信念と根気がないと到達できない未開の地域に渡る最後の橋であったといわれています。そのため、Third Bridgeは、素晴らしいアフリカの冒険を思い出させてくれるだけでなく、弊社の活動にとって最適な比喩なのです。

弊社の新しいアイデンティティが、成長戦略をサポートし、最良のクライアントサービスにつながる強力で統合力のあるブランドを築き続けることができると確信しています。

3 December 2015

働きがいのある会社 中華圏
 2015

弊社が、中華圏で最も働きがいのある27社の1社に選ばれたことを発表します。弊社のMarvin Cao (Country Head, China)とチームメンバーが昨夜香港で開催された授賞式に参加しました。

このニュースについて、Marvinは次のように述べています。「弊社がとても良い組織であるという私たちの意見が実証されたことをとても嬉しく思います。 さらに大切なことは「働きがいのある会社」プログラムに参加することで、まだ改善の余地が残る分野について気付くことができたということです。弊社は大きな希望を持っており、来年はより良いランキングを達成できると確信しています。」

The Great Place to Work® Instituteは人材および企業文化に関する調査・分析をするグローバルな専門機関です。5月に弊社のロンドンオフィスが英国のリストに掲載され、今回は上海と香港オフィスもランキング入りすることができたことは、弊社の企業文化への投資に対するコミットメントがグローバルスケールで成功していることを立証しています。

5 October 2015

Third Bridge, Asitha Rodrigoを最高技術責任者(CTO)に任命

入念な選定の結果、Asitha Rodrigoを最高技術責任者(CTO)に任命したことを発表します。ロンドンを拠点とし、Asithaは弊社の5つのオフィスのオペレーションに関連する技術およびソフトウェア開発の責任者となります。

Asithaは技術分野において18年以上の経験をもち、Morningstar, Deloitte, Standard & Poors、そして直近はDefaqto(プライベートエクイティ関連の情報サービス会社)CTOを務めていました。

22 May 2015

働きがいのある会社 英国 2015

2年連続で当社のロンドオフィスはGreat Place to Work®より英国の働きがいのある会社に選定されました。50社の中規模カテゴリーの中で、当社は高い信頼性と優れた連帯感をもち、ビジネスを成功へ導いたとの点から表彰されました。

2年連続の表彰を受け、CEOEmmanuel Taharは次のように述べました「私たちが連続して英国におけるもっとも働きがいのある会社として表彰されたことに対し、胸が高鳴ります。私たちのチームと企業文化にとって名誉のある表彰でありその良さを証明するものです。私たちはこの並外れた企業文化への投資、適切な人材の採用を続け、業界において最も優れた新しい人材を魅了、維持する職場環境を作り上げていきます」。

The Great Place to Work® Institute UKは、人材および企業文化に関する調査・分析をするグローバルな専門機関です。

2015 UK list for Great Place to Work® の全リストはこちらこよりご確認いただけます: http://www.greatplacetowork.co.uk