利用条件

利用条件

専門家規約

Third Bridgeは、当社の顧客と業界分野の専門家 (以下「専門家」) の間での相談を斡旋します。専門家は、この相談で会社、業界分野や製品についてのを提供し、顧客が十分な情報を得た上で業務上の決断を行えるようにします。あなたとThird Bridge Group Limited (以下「Third Bridge」) の間での規約は、専門家に適用される法律上及びコンプライアンス関係の義務について規定しています。注意深くお読みください。これらの規約及び言及されているこの他の文書、及びThird Bridgeのプライバシーポリシー (https://www.thirdbridge.com/en/privacy-policy から入手可能で、随時変更される場合があります) は、以下「本契約」と呼びます。本契約では、「顧客」とは専門家に相談するためにThird Bridgeに依頼する人・組織を指します (これらの目的では、「顧客」には顧客がその代理で相談を受けるよう指定した人・組織も含まれます)。

1.相談

1.1 相談に参加することに同意することにより、あなたは、案件の題材について理解して知識を備えていることを確認し、相談の際は専門家として適切な姿勢を持って勤勉な態度で最善を尽くすことを約束します。

1.2 相談中に、あなたはThird Bridgeやその他の組織の社員や代表者としてではなく、独立請負業者として個人として行動します。

1.3 相談中又はその前後に、いつ何時でも専門家として、規制上または倫理的な利益の相反が発覚した場合、又は相談に参加すべきでない理由や参加すべきでなかった理由が発覚した場合は、相談を中止し、直ちにThird Bridgeに電子メール (legal@thirdbridge.com) で連絡してください。中途に相談を中止する必要が生じた場合は、実際に相談に費やした時間プラス追加の15分相当の料金が支払われます。

2.機密情報

あなたの所持する情報

2.1 (i) 秘密情報、または (ii) 上場企業、証券又は商品についての重大な非公開情報や事業用秘密を、開示してはなりません。ー 以下のことにご注意ください

秘密情報」とは、秘密情報である旨が記入されている任意の形式の情報、又はその性質上明らかに秘密の情報 (事業、財務、組織や第三者の今後の計画に関わる情報を含みますが、それに限定されるものではありません) を意味します。

重大な非公開情報」とは、特定の会社についての一般に知られていない具体的な情報で、妥当な投資家であれば投資についての意志決定を行うために使用すると考えられるものです。この情報が一般的に入手可能になったならば、投資の価格に大きな影響を与える可能性が高いものです。

Third Bridgeまたは当社の顧客から受け取る情報

2.2 相談中又はその前後にあなたに開示された秘密情報を守り、そのような秘密情報を第三者に開示したり何らかの目的に使用してはなりません (これには、顧客、相談の題材、相談中に出た質問、Third Bridgeと同意した相談料金を含みますが、これらに限定されるものではありません)。

一般

2.3 第2項に違反するとThird Bridge及び/または顧客に修復不可能な損害を与える可能性があり、そのような違反に対して損害賠償では十分な損害回復策にならないということに同意します。Third Bridge及び/または当該顧客は、可能性のあるの他の権利に一切影響せず、そのような違反に対して差止命令による損害回復策およびその他該当する平衡法上の損害回復策を求める権利を持ちます。

3.あなたの義務

3.1 あなたは、以下のとおり表明、保証および約束します:

(a) Third Bridgeにあなたが提供する履歴情報が、真実かつ誤解を招くものではない最新情報であり、重大な変更 (雇用の変更を含む) があった場合は更新すること。

(b) あなたが社員、役員、取締役、請負業者、代理店、法定代理人、パートナー、合弁事業者、提携者となっている会社に関連する相談には参加せず、それらに関連する情報も提供しないこと。

(c) あなたの現在の勤務先の競合会社またはあなたが役員や取締役を務めている会社の競合会社である顧客 (またはそのような会社の代理をしている顧客) との相談には、故意に参加しないこと。

(d) 各相談に参加するために必要な承認を得ており、そのような相談の参加に制限が課されていないこと。たとえば、あなたが雇用されている場合は、あなたの雇用契約や勤務先の方針で、相談に参加するには事前に勤務先から承認を得ることが義務づけられている場合があります。

(e) あなたが政府、政府の部署、政府機関又は国家機関に雇用されている場合又はアドバイザーまたは顧問である場合 (または過去2年間にそのような立場にあった場合) は、Third Bridgeに報告すること。

(f) あなたが政府の官僚又は公務員である場合は、あなたが投票できる立場にある、またはその他に影響力を持つ、政府の法律法規、規制、方針、契約又はその他の業務について話さないこと。

(g) 結果がまだ公開されていない治験や試験に現在関わっている場合又はそのような治験や試験に関わった場合は、Third Bridgeに報告すること。

(h) あなたが医療従事者である場合は、未公開の治験結果、患者の経験についての情報や、その他未公開の治験情報について話さないこと。

(i) あなたはインサイダー取引、市場濫用、マネーローンダリング、詐欺又はその他の不誠実行為や重罪に係る犯罪 (または任意の司法権の同様な犯罪)について有罪判決を受けたことがないこと、命令、判決、訴訟や規制機関による調査の対象になったことがないこと。加えて、この条例3.1(i)で言及された犯罪に関わる調査、又はあなたに対してもたらされた罪を認識した場合は、直ちにThird Bridgeに知らせること。

(j) 投資、法律、財務、会計、医療関係のアドバイスは顧客に提供しないこと。ここには証券の推薦、評価、価値査定や証券の投資や売買についてのアドバイスの提供がこの規定の対象に含まれますがこれらに限定されるものではありません。

(k) あなたが監査官又は元監査官である場合は、相談前の三年以内に監査を行った会社についてコメントしてはなりません。

(l) あなたは、勤務先が入札の対象になっているとき又は新規公募の手続き中には、いつ何時でも一切相談に参加してはなりません。

(m) 以下のような結果につながる相談に参加したり、そのような情報を提供してはなりません:(i) 該当する法律法規・規制の違反につながるもの、(ii) 第三者 (あなたの勤務先を含める) との契約や第三者に対する義務の違反につながるもの、(iii) 専門的、規制関係又は倫理的な利害の対立が生じるもの、(iv) 相談に参加したり、情報を提供したりすべきでないその他の理由が存在する場合。

(n) 相談に関連して、以下を守ること:(i) 贈収賄防止及び腐敗行為防止に関連する、該当するすべての法律法規、制定法、規制、規範、Third Bridgeの贈収賄防止・腐敗行為防止方針 (https://www.thirdbridge.com/en/about/anti-bribery-...) (以下「該当要件」)を守ること、 (ii) 該当要件に基づいて違法とみなされる行動、活動、実践を行わないこと、(iii) Third Bridgeまたはそのいずれかの顧客が何らかの該当要件に違反する原因となるような行動、又はそのような状況につながるような行動を取らないこと。

(o) あなたは、事前に書面 (Third Bridgeが受容可能とみなす形式) で物件の所有者又は所有会社から承認を受けない限り、相談の題材に関連・関係して、一般人が立ち入りできない場所に顧客又はその他の第三者を連れて行ってはなりません。

(p) 相談相手であったThird Bridgeの顧客には、Third Bridgeが連絡を手配した場合以外には、一切連絡したり勧誘したりしないことに同意します。本項は、あなたが顧客に紹介された時点から、その顧客との最終相談日から1年後まで適用されます。あなたが過去の仕事により既存の実証可能な関係や関連を持っていた場合には、この限りではありません。あなたに顧客が提案されたときに、そのような既存の関係についてThird Bridgeに知らせ、その顧客との相談にあなたが参加しない場合は、その顧客についてThird Bridgeは一切制限を課しません。Third Bridgeは顧客の1社があなたに雇用を提案した場合、あなたがそのような雇用を受けることについて制約を課しません。

4.知的財産権

4.1 本第4項では、「知的財産権」には、登録・未登録にかかわらず、すべての特許、発明に対する権利、実用モデル、著作権および関連する権利、商標、サービスマーク、屋号、事業名、ドメイン名、のれんに対する権利や詐称通用に対する訴訟、設計の権利、コンピュータソフトウェアの権利、データベースの権利、トポグラフィーの権利、秘密情報に対する権利、その他の知的財産権が含まれ、世界随所におけるすべての申請及び更新が対象になります。

4.2 Third Bridgeがあなたに提供する資料又はThird Bridgeのウェブサイトに掲載されている資料に対するすべての知的財産権はThird Bridgeが所有し、複製・転送は禁じられています。

4.3 何らかの第三者の知的財産権を侵害、乱用又はそれに対立する情報や資料は、相談中又は相談後に提供してはなりません。

4.4 顧客との書面での同意が無い限り、あなたは、あなたが顧客に提供する文書又は資料 (調査、データ、図、評、使用、プログラムが含まれますがそれらに限定されるものではありません) が独自の作品であり、第三者の知的財産権を侵害しないことを保証し、あなたはここにてそのような作品を提供する顧客 (及び/または顧客の顧客) に、業務上でそのような作品結果に存在するいかなるすべての知的財産権を使用するための、非独占的、著作権使用料無しの恒久的使用許諾を与えるものとします。

4.5 顧客に提供した作品結果が、何らかの第三者の知的財産権又はその他の所有権を侵害するという主張に基づいて起こされた請求又は訴訟に関連して生じる可能性のある全額の債務に対して、あなたはThird Bridgeを補償します。

4.6 Third Bridgeから事前に書面で同意を得ない限り、「Third Bridge」という名前やその他のThird Bridgeの商標、記号やロゴを使用してはなりません。

5.情報保護及び電話の録音

5.1 https://www.thirdbridge.com/en/privacy-policyに記載されているThird Bridgeのプライバシーポリシーをお読みいただき、同意していただきました。

5.2 あなたは、コンプライアンスの目的であなたとThird Bridgeの間での会話を録音することに同意します (録音する場合は事前に通知されます)。あなたは、該当する法律で許可されている限り、そのような録音が訴訟のために証拠として提出される可能性があることに同意します。

6.支払

6.1 相談から二(2)営業日以内に、実行された旨を確認します。相談に対して支払いを受ける場合は、あなたに通知された方法でThird Bridgeのウェブベースのアプリケーションで支払いを申請できます (相談の所要時間、同意された料金、Third Bridgeが決済先として使用する銀行口座情報を入力します)。

6.2 Third Bridgeは、入力された支払情報に準じて、完了した各相談に対して該当料金をあなたに支払います。相談時間は分単位で計算され、有効な支払要請 (または請求書) を受領し、該当する相談が行われたことについて顧客と確認した後、いずれか後の方から三十日以内に決済されます。Third Bridgeは、各地で該当する法律・規制で徴収が義務づけられている税金やその他の金額を、料金の支払いから差し引きします。

6.3 支払を受け取っていない場合、上記の第6.2項に規定されている30日の期間の終了時から六ヶ月以内に、支払いが受領されていない旨を明記して電子メールでThird Bridgeに連絡する必要があります。

6.4 Third Bridgeは未決済についてのすべての問い合わせを調査し、できるだけ速く当該料金を支払うよう努力します。

6.5 Third Bridgeでは、以下の理由により料金を支払わない権利を保持します:

(a) 第6.1項に準じて、相談について報告しなかった場合。

(b) Third Bridgeに事前に連絡せずに顧客と直接相談の取り決めを行った場合。

(c) 上記の第6.3項に規定されている6ヶ月の期間以内に、支払いを受け取っていないことをThird Bridgeに連絡しなかった場合。

6.6 Third Bridgeは以下について同意します:

(a) 本契約締結日から12ヶ月間以内に、あなたが提供したサービスの請求書を発行すること。

(b) 請求書を完全なものとするために、あなたの氏名、住所、(該当する場合)VAT登録番号、VAT請求書を構成するその他すべての詳細を記載すること。

(c) VAT登録番号が変更された場合に新しい請求契約を作成し、請求書の発行が第三者に委託されるかどうかを通知すること。

6.7あなたは以下について同意します:

(a) 本契約締結日から12ヶ月間以内に、あなたのためにThird Bridgeによって起こされた請求書を受け入れること。

(b) 本契約に関して提供されるサービスの請求書を起こさないこと。

(c) VAT番号を変更した場合は直ちにThird Bridgeへ通知し、登録されたVATを停止するか、あなたの事業の全てまたは一部を売却すること。

7.責任・債務

7.1 契約上、不法行為、虚偽表示やその他の本契約に関連して発生するThird Bridgeの合計責任・債務は、あなたに支払われた料金と同等額を上限とします。

7.2 Third Bridgeは、以下に対する損失、損害、いかなるコスト、経費やその他の請求に対して一切責任を持ちません (ただしこれらに限定されるものではありません): (i) 収益の損失、(ii) 事業の損失、(iii) 収入の損失、(iv) のれんの損失、(v) 予想されていた節減の損失、(vi) データ又は情報の損失、及び/または相談または本契約に関連して生じ特殊、間接的または付随的損失。

7.3 ただし本契約の記載事項は、過失、詐欺による虚偽表示によって発生した死亡や人身事故に対するThird Bridgeの責務を一切除外・制限するものではありません。

8. サードパーティ

8.1 第8.2項を条件として、当事者は本契約の効力により第三者に権利を付与しないという意図を是認します。Contracts (Rights of Third Parties) Act 1999 (1999年契約 (第三者の権利) 法)(以下「第三者権利法」) は適用されません。

8.2 第8.3項及び第8.4項を条件として、顧客は第2.1項、第2.2項及び第2.3項 (秘密情報)、3 (あなたの義務)、4 (知的財産権) 及び5 (情報保護及び電話の録音)の条件に基づきコンプライアンスを行使することができます。

8.3 第8.2項に記載されている第三者の権利は、Third Bridgeの事前の書面での同意がある場合のみに該当する第三者が強制することができ、第三者権利法及び本契約の他の関連条件の規定の対象になり、それらに準じるものとします。

8.4 本契約のこの他の規定にかかわらず、Third Bridgeは第三者の同意なく本契約のいかなる規定でも任意に変更することができます。第三者権利法のセクション2(1) は適用されません。

9. 雑則

9.1 本契約に基づく権利の行使に遅延があったこと、または権利を行使しなかったこと、または権利を部分的または1回のみ行使したことは、その権利または本契約に基づくその他の権利の放棄とはみなされてはなりません。本契約の明示的または黙視的な条件の違反に対する同意は、その後の一切の違反に対する同意とみなされてはなりません。

9.2 本契約の何らかの部分または規定がいずれかの裁判所またはその他の管轄機関によって何らかの範囲で無効、違法または強制不可能と判断された場合は、その範囲が本契約の残りの部分から分離され、本契約の残りの部分は法律で許されている最大限の範囲で有効性と強制力を保つものとします。

9.3 本契約は、両当事者、その後継者および譲受人に対して拘束力を持ち、その利益のために効力を生じます。あなたは、本契約に基づくあなたの権利や義務を、第三者に譲渡したりまたは下請けに出すことはできません。

9.4 第2.2項、第2.3項、第3.1項(p)、第5.1項、第6項、第7項、第8項、第9項は、本契約の期限満了や解消後にも存続します。本契約の解消は、解消前にいずれかの当事者が取得した権利及び義務に影響するものではありません。

9.5 あなたがThird Bridgeによって相談で通訳を行うよう依頼を受けた通訳者の場合は、あなたはこれらの規約による拘束を受け (ただし第6項は除外)、Third Bridgeとあなたまたはあなたの勤務先 (該当する場合) の間で同意された料金が支払われます。

9.6 本契約及び本契約から生じる、または本契約またはその題材または締結に関連して生じる争議や請求 (契約以外での争議や請求を含む) は、イングランドの法律によって管轄を受け、Third Bridgeがそのたいかなる管轄裁判所で訴訟を起こす権利には影響せず、当事者はここにてイングランドの裁判所の独占司法権を撤回可能に受け入れるものとする。


2017 年 05 月 03 日